隠れた穴場!?太陽光発電設備設置に向く場所3選!

特に利用していない空き地スペース

太陽光発電投資は、設備投資に一定の費用が必要になります。つまり出来るだけ初期投資を抑える事が投資成功への近道だと言えます。この観点から考えると、設置場所は出来るだけ借りたり購入したりする事を避ける必要があります。つまり太陽光発電投資には、今まで利用していなかった空き土地等があれば非常に有効に利用できるとされています。例えばそれは休耕している農地であったり、借り手がなかなか見つからない田舎の駐車場であったりします。

無償に近い価格で購入できる土地

特に田舎には無償に近い価格であってもどうにかして手放したいという思いで売りに出されている物件は少なくありません。こういった物件は、太陽光発電の設置用地が無い方にとっては、初期投資を抑える事が出来るお勧め物件となります。ただ、古家の解体が必要で余計な費用がかかってしまう物件や、電線が近くに無い物件や、整地にかなり費用を要する物件等はあまりお勧めできません。昔の山林分譲である程度整備されている更地の宅地等がお勧めです。

狭い土地でも設置方法を工夫する

太陽光発電のパネルの設置方法と言えば、平面に隈なく並べられている状態を想像します。実際に多くの太陽光発電は平地や屋根を利用して、隙間無く配置されている事が普通です。しかし、太陽光発電のパネルの設置方法はこれだけではありません。地面から回転式のパネル設置板を立ち上げ、そこに垂直に近い形でパネルを設置する方法があります。これは狭い土地であっても垂直にくみ上げていきますので、かなりの発電量が期待できます。更に回転しながら太陽を追いかけますので、常に高い発電量を確保できます。

今太陽光発電投資が注目を浴びています。地球にやさしいのもいいですが、最大の魅力が投資として安定しているということです。